19.博多のお正月

博多のお正月

我が家のお正月

 

子供の頃、お正月のお雑煮が待ち遠しくて、ワクワクしていました。

なんといっても博多のお雑煮はとても豪華です。

ブリ(家庭によってはアラ、鯛)、カツオ菜、大根、人参、しいたけ、もち、鶏肉、銀杏、ゆずは定番で、他にも海老、ハマグリなど、魚介類たっぷり。家庭によってはタイラギ、たけのこ、里芋などなど。旬の食材をふんだんに使った豪華な具材です。

 

家庭によって少しづつ違いますが、二日ほどかけてじっくりと引く焼きあごをメインにしたお出汁は博多雑煮の代名詞です。手間はかかりますが、魚介のしっかりとした味がありながら品の良い透き通ったお出汁に味付けは塩と醤油、酒のみで味付けます。

 

シンプルだからこそ、塩や、醤油の選び方、具材との濃さのバランスがお料理のきも!上手に出来れば本当に至福の黄金スープが完成します。

 

 

さて、先日お正月料理を振る舞う機会がありました。

日本文化をカジュアルに学ぶ「学ぶカフェさん」に主催して頂きました。

 

献立は、博多雑煮・おなます・田作り・黒豆・豚の味噌漬け・数の子・銀杏

そして今年できたての申年の梅。子寶の梅干し七折小梅(絶賛発売中♪)

 

毎年自宅で作っているとはいえ、お客様30人にお召し上がりいただくとなるといろいろと考えさせられ、緊張しました。温かいお料理を提供するのは本当に大変な事。お料理人さんの偉大さを感じました。


 

普段はあまりお飾りはしませんが、お正月はですしチョツトお飾りもつくってみました。

実は水引はお恥ずかしながら、即席you tube..間違えがあったら教えてくださいね。

 


今回、三星舎でご紹介した博多雑煮のレシピをご紹介します。

ちょっと見にくくてごめんなさい。もしよかったら参考にしてみてください。