ただいま鍼灸院はお休みをいただいております。

お店は開けておりますので、ぜひお立ち寄りください。

今月21日より怪我療養のためお休みをいただいております。(詳しくはこちらへ)

 

 

長い間ブログを書いていませんでしたが、久しぶりの更新失礼します。

 

人生初の手術と入院とあって、思う事だらけの毎日です。

 

8月20日、鍼灸院の営業を終えた時は「こんなに仕事が好きだったんだ!」と、最後のお客様を見送りながら、込み上げるものを感じました。とはいえ約2ヶ月という長い療養に、どこか罪悪感を感じつつも溜まった本や見たかった映画に漫画にと、呑気に入院生活に思いを巡らせる余裕がありました。

 

大量の娯楽を鞄に詰め、翌日から入院そして手術。

オペ室の無機質なフロアに入った途端、しばらく忘れていた閉所恐怖症がよみがえりました。そこにいたスタッフ全員が半袖の中、ひとり震えるほどの寒さを感じ、麻酔科の先生の温かい手に背中を支えられながら、小さなオペ台に寝そべりました。バタバタと準備が進む中、もう限界、恐怖のあまり涙がこぼれ落ちそうになったと同時に、麻酔で意識がベッドの底へ沈みました。

それからの3日間は、孤独と恐怖と痛みの連続。正直なところ手術の痛みより、心理的なダメージの方が大きかったようです。夜に看護師さんが気をつかって病室のカーテンを閉めてくれた瞬間、再び絶望感が襲いました。(もちろん看護師さんは、私の閉所恐怖症など知る由もなく…)

 

地獄の3日間、なーんて大袈裟な!と笑われそうですが、私はそれだけ健康に幸せに生きて来たようです。

 

さて、最近は少しずつリハビリにも慣れて来ました。ひとつづつ出来る事が増えるのが、嬉しい毎日です。車椅子に乗る(つまり自分でトイレに行ける)、お風呂に入る、コーヒーを入れる、扉を開ける冷蔵庫も開ける。

すごく嬉しかったのは、椅子に腰掛けてテーブルで食事をすること。今までこんな事考えもしませんでしたが、ベッドの上で食事を取るのは、本当に苦痛でした。ヨーロッパの人はベッドの上で朝食を取るのが好きらしいですが(映画で見る限り)、日本式の背筋を伸ばして「いただきます」と食事の時間を整える感覚は、骨の髄まで染み込んでいるようです。

 

不自由な数日に、いかに普段気づいていないささいな幸せが溢れていたか思い知らされました。

 

ただでさえせっかちな性格で、ころころと移ろうままに放置してきた感情や感覚を、きちんと思いや考えにまとめることを怠って来ました。この1週間の出来事は、「ひと息ついて生き方を見直しなさい」と、言われているように感じます。思い返せば、体もまだ若いと体力を過信し、随分乱暴に扱って来た気がします。

 

この経験が、今後の鍼灸師としての人生に役立てるよう、しばしささいな幸せを噛みしめてみたいと思っています。